飴色 3~4合
飴色 3~4合
飴色 左から 1~2合  3~4合
飴色 左から 1~2合 3~4合
緋色 左から 1~2合  3~4合
緋色 左から 1~2合 3~4合
飴色 1~2合
飴色 1~2合
緋色 1~2合
緋色 1~2合
飴色 3~4合
飴色 3~4合
緋色 3~4合
緋色 3~4合
【Homeland(ホームランド)】 信楽焼 米炊き釜
【Homeland(ホームランド)】 信楽焼 米炊き釜
飴色 1~2合
飴色 1~2合
【Homeland(ホームランド)】 信楽焼 米炊き釜
【Homeland(ホームランド)】 信楽焼 米炊き釜
【Homeland(ホームランド)】 信楽焼 米炊き釜
【Homeland(ホームランド)】 信楽焼 米炊き釜
飴色 3~4合
飴色 3~4合
飴色 3~4合
飴色 3~4合
飴色 3~4合
飴色 3~4合
【Homeland(ホームランド)】 信楽焼 米炊き釜
【Homeland(ホームランド)】 信楽焼 米炊き釜
【Homeland(ホームランド)】 信楽焼 米炊き釜
緋色 3~4合
緋色 3~4合
緋色 3~4合
緋色 3~4合
緋色 3~4合
緋色 3~4合
緋色 3~4合
緋色 3~4合

【Homeland(ホームランド)】 信楽焼 米炊き釜

通常価格¥6,600
/
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

color
size
  • 残りわずか - 3 個の商品が残っています。
  • 在庫の確認中

【Homeland】
信楽焼 米炊き釜

信楽焼の堆肥物が多く含んだ陶土を使って、やさしく暖かみのある表情に焼き上げた炊飯土鍋です。
1~2合炊きサイズは1~2人暮らしにちょうど良く、3~4合炊きサイズはファミリー向けのサイズです。

通常の鍋の3倍以上の遠赤外線効果を発すると言われている炊飯土鍋は、じっくりと芯から加熱するので驚くほどふっくらとしたご飯が炊けます。




収納時に何かと邪魔になる持ち手を無くしました。縁が大き目なので、持ち手代わりにもなるデザインです。
蓋は逆さにして重ねれば、さらにコンパクトに!



伝統的なスカーレット色=緋色は、その昔、琵琶湖の底にあった古琵琶湖層の土を練って作り、松の木をくべて火を起こし焼くことで生まれた独特の褐色のことを指します。現代の釉薬を用いて、熟練の技術者が窯の中での火の動きをも考慮しながら巧みに再現した、土鍋ではちょっと珍しい色です。

深い黒と茶の間の様な絶妙な飴色は、艶やかで品のある釉薬を使って焼き上げた信楽焼では定番の色です。使い込むごとに鈍く光る、風合いの変化をお楽しみください。


[サイズ]
1~2合:約φ15.5×H19cm
3~4合:約φ18.5×H23cm

[容量]
1~2合:900ml(満水容量)/ 630ml(適正容量)
3~4合:2400ml(満水容量)/ 1680ml(適正容量)


[素材]
陶器

[色]
ameiro:飴色
hiiro:緋色

[生産国]
日本(信楽焼)

[取り扱い方法]
食洗機 / 乾燥機:〇※家庭用に限る
電子レンジ:〇
オーブン:×
対応熱源:直火

[ご注意ください]
・商品によって色の入り方・風合いの出方には個体差があります。一つとして同じでない、唯一無二の出会いをお楽しみください。
・使用前には目止めが必要です。目止めをしていただくことにより、ヒビが入りづらく長持ちすると言われています。

※ディスプレイの性能やご利用環境によって、商品の色が実物と異なって見える場合があります。予めご了承ください。

商品レビュー

1 件の評価 レビューを書く ▼
松庄

滋賀県甲賀市信楽町にある陶器製造窯元。現在の代表は八代目庄左ヱ門。信楽地域一帯は、約400万年前琵琶湖の底(古琵琶湖層)であったため、可塑性に優れた(堆肥物が多く含んだ)土の地層を持つことから、鎌倉時代から窯元地域として盛んに焼き物が製造されてきました。松庄では時代の変化とともに、ガス窯を取り入れながら歴史の中で育まれた技術を継承し、生活の中に生きる陶器を作り続けています。緋色、ビードロ、焦げという景色は、技術者が窯の中で火がどう動くかを考え、品物に景色をつけていく過程で生まれた信楽焼の特徴です。現代の生活に寄り添いながらも、昔ながらの智慧と技術を大切にする窯元です。

Homeland

「ホームランド(母国)」と名付けられたキッチンツールプロジェクト。日本の作り手たちとの対話を通じ、「使い勝手の良い、長く使いたいもの」を生み出しています。長く愛せる道具を一つでも増やすことで、捨てない、無駄にしない、サステナブル(持続可能)なキッチンを実現して欲しいとの思いを込めました。


最近閲覧した商品