ROBERT HERDER

風車のナイフ

刃物の街として世界的にも知られる、ドイツ・ゾーリンゲンで1872年に創業したナイフブランド「Robert Herder(ロベルト・ヘアダー)」。創業者の名を冠したブランドは、その愛らしいマークから「風車のナイフ」の愛称で親しまれています。

第二次世界大戦の戦火を奇跡的に逃れたRobert Hearder。1970年代以降、多くの刃物メーカーが閉鎖していき、残った大きなメーカーも機械化をおし進める中、Robert Hearderは伝統的な製法を守り、150年経った今も高品質なナイフを手作業で作り続けています。

手になじむ天然木の持ち手は、使いこむほどに味わいを増していきます。用の美とも言える無駄のない端正なデザインと、優れた刃付けの技術に裏付けされた抜群の切れ味。Robert Herder(ロベルト・ヘアダー)は、ゾーリンゲンの街でも高く評価された包丁ブランドです。