松徳硝子 (ショウトクガラス)

大正11年(1922年)、電球用ガラスの生産工場として創業した松徳硝子。
電球製造で培った薄吹きの製法に磨きをかけ、江戸硝子として古くから、料亭や割烹で広く愛用され続けて来た薄吹きグラスの生産。
お酒を繊細により美味しく楽しめるグラスとして、お酒に強いこだわりを持つ方や名店として名高い料亭、割烹、レストラン、バーにおいて広く愛用されています。